人相が変わり表情が明るくなる

ニーズに合った施術を受けよう

ウーマン

目的を明確にする

クリニックによって施術の費用はかなり変わってきます。美容目的の場合は高額になってくることもあります。治療目的であれば保険診療になります。しかし、治療内容によっては術後の見た目にも多く影響が出てきます。なぜほくろ除去をしたいのか明確にして、どのような仕上がりにしたいかをイメージすることで、最適な治療を選ぶことができるはずです。

READ MORE

種類がある

ほくろ除去を検討しているなら、どんな施術にしようか迷うことでしょう。ほくろの形状や、予算などによっても適切な治療法が変わってきます。まずは、大阪などにある美容外科や形成外科、皮膚科などのクリニックを受診して相談してみましょう。

ほくろ除去の施術別に口コミを集めました!

炭酸ガスレーザー

痛みが心配でしたが、とくに痛みもなくあっという間に施術が終わって驚きました。10分程度でキレイになったので、もっと早くに受けておけばよかったと後悔しています。

電気メス

直径1.5ミリの少し目立っていたほくろを除去しました。電気メスということで怖いイメージがありましたが、少しずつ施術していくのでスムーズに除去できました。

切除

顎の下に大きいほくろがあって気になっていました。年々大きく成長していたので、切除してもらい、病理検査に出しました。良性だったのでほっとしています。

凍結法

突起しているほくろが目立っていたので、液体窒素で治療してもらいました。痛みがありましたが、短時間で除去できました。しばらくかさぶたができていましたが、とくに気にならなかったです。

Qスイッチヤグレーザー

顔に小さなほくろがたくさんあってとても悩んでいました。しかし、Qスイッチヤグレーザー治療を受けてメラニン色素を薄くすることで、かなり目立たなくなってきました。

[PR]

大阪のクリニックでほくろ除去をしてもらおう
短時間で施術が受けられる☆

雰囲気がガラリ変わる

医者

適した方法を見極める

ほくろ除去では、ほくろの大きさや数の多さ、形が盛り上がっているか否かなど、さまざまな状況に応じて治療方法を選ぶことができます。ほくろの形状によって適切な除去の手段が変わってくるため、まずは専門医に診てもらってアドバイスを受けることが肝心です。

検査を受ける

また、ほくろには悪性という可能性もあります。病理検査に出す必要がある場合は、さらに除去の方法も制限されます。病理検査に出したいのであれば、基本的にくりぬいて取る方法か、切除する方法になってくるため、事前に把握した上で検討しておくとよいでしょう。

個人差がある

ほくろにはさまざまな種類があるため、個人差も大きくなってきます。そのため1回の通院でほくろ除去ができる患者もいれば、数回通って治療を続ける必要がある患者もいます。また、治療後にほくろが再発してしまう患者さんも少なくありません。しっかりとケアをしていきましょう。

目立たなくさせる

ほくろの大きさや数によっては、治療の後、傷跡が目立ってしまうこともあります。その最は、レーザー治療やヒアルロン酸を注入するなどの治療を続けていくことで、目立たなくさせることが可能です。美容皮膚科がそうした治療には向いているでしょう。

早めに治療を開始する

ほくろは次第に大きくなってしまうことがあります。加齢や紫外線の影響によって成長するのです。ほとんどの場合は良性ですが、なかには悪性の場合もあります。早めに治療をスタートしていくことで、大事に至らないといえます。